なんてことのない日々

つれづれなるままに、思ったことを書きましょうかね。

【雑記】天津飯についての雑文

 在宅勤務していた昨日、不意に12時からオンラインミーティングが入ってたっぷり1時間を消化。行こうと思っていたランチのお店はおそらく残ってないだろうなぁ、と思いほど近い餃子の王将へ。安い日替わりランチを注文してもよかったのだが食べよう食べようと思いながら食べそこなっていた天津飯を注文することにした。

 曰く「東日本の天津飯は別物」「王将でも東西で味が違う」などと言われていて、「ふーん」くらいに思っていたのだ。

 そもそも、天津飯という食べ物にあまり縁がなく、「食べたことあるじゃろうか」というほどのものなので食べ較べるという感じではないのだが、「西のがおいしい」という思いがその言説の中に滲み出ているので試しておこうといった次第。

 で、餃子の王将天津飯は440円。安いですね。ラーメンとかつくセットだと900円近い。ちょっと王将のラーメンはアレなので(笑)餃子を1皿。在宅なので。

 餃子よりはるかに早く出てきた。イメージよりたっぷりかかった餡は、生姜香る優しい味。甘酢のイメージだったが(これが東の味付けなのか?)、このような感じなのだね。

 ん~。美味しいことは美味しいが、これを注文することがあるだろうか。小生、単品でチャーハンを注文することがないのだが、天津飯もそのチャーハンと同じジャンルにカテゴライズされそう。〇〇飯、〇〇丼なら麻婆、次点中華(うま煮)。チャーハンなら半チャーハンのセットものがあるけど。

 しょっちゅう行く街中華、というのでも近所にあればだけどないし、自炊頻度が高いからなぁ…。