なんてことのない日々

つれづれなるままに、思ったことを書きましょうかね。

【映画】「ボヘミアン・ラプソディ」鑑賞

 遅ればせながら、先日「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきた。
 「別にクイーンファンじゃないしなぁ、でも評判いいしなぁ」と話半分で観に行ったのだがとても良かった。
 なにがいいって主役のラミ・マレックがとてもいい。そして最初は異性と結婚し、途中で自分のセクシュアリティに悩む姿も。
 フレディのエイズ発覚は史実ではライブ・エイドの後だということだが、大筋では映画の展開どおりなのだろう。サクセスストーリーを描いた映画の型にもハマって好相性。
 メンバーとの出会い、成功、印税も含む確執、バンド休止、和解、そしてエイズ発覚。ドラマティックだ。クイーンをアルバムで聴いたことはないのだが、メンバー同士のアイディアの出し合い、フレディ待ちで生まれた"We will rock you"、最初はこけた"Bohemian Rhapsody"、一見「フレディとその仲間たち」に見えて全くそうでないところが魅力なのだな。いまさらながらクイーン聴いてみたくなった。
 それにしても、男同士のキスを大画面で2度も見せられるのはちょっと…(「ブローバック・マウンテン」の方が強いようだが)
 オールバック前のフレディがむしろミック・ジャガーに見えるのはご愛嬌か。
 あと、ブライアン・メイ役がそっくりすぎる(笑)
 フレディがなくなった日(?)、英語の教師が悲しんでたなぁ。 9.0/10