なんてことのない日々

つれづれなるままに、思ったことを書きましょうかね。

【雑記】ファーストガンダム 視聴終了

 今週でBS11ファーストガンダムが最終回を迎えました。ん~味わい深い。

 41話でデギン、42話でギレン、43話でキシリアと連続で散ったわけですな。

 エルメスで3話、シャア専用ゲルググで3話、ジオングで2話しか出ていないわけですね。本当はもう少しじっくり描きたかったんだろうなぁ。わずか5,6話しか登場していないララァの存在感、『逆シャ』まで続くとはね。

 かのラストシューティングに至る自動運転の部分、リアタイで観ていた小学1年の時は「???アムロコクピットから出てるけど?」と、プログラム的なことよりニュータイプ~神がかり的能力と思ってました。

 ジオングの本体を撃って、頭部のビームを食らい頭部をやられるガンダム。「まだメインカメラをやられただけだ!」って言ってたけど、地球上でセイラさんがザクにメインカメラ割られた時はブラックアウトしてなかったかな。改良した?

 ジオングの反撃で右脚が溶けてくずおれるシーン、肉体的(生物的)過ぎる…。そこは棒のように倒れるだけっしょ。背中も丸まってるし膝曲がってるし(笑)

 ホワイトベースがエンジンやられて擱座してから、守るのがガンキャノンガンタンクだけってやっぱりおかしいよね。カイとハヤトが白兵戦しだした以降は敵モビルスーツ出てこないのも都合よすぎる(笑)。何よりランチ2隻って、あんなでかい船にそんなしか乗ってなかったのかよ(笑)

 「兄さんの目的はザビ家を滅ぼすことだったでしょう」「今の私にはそのことはどうでもいい」とアムロとの決闘に熱くなるシャアさん。アツくなると全体のバランスを損なってしまう『逆シャ』でのνガンダム供与という愚行にもつながる気質の萌芽が見られますね(笑)

 シャアのザビ家への復讐成就のシーンもなぁ、ザンジバルの外側のガラスを白兵戦用の(ビーム)バズーカで打ち抜く?そしてそれ一発でザンジバル撃沈?ん~…


 アムロがランチに到達する前に映像は切り替わるわけですが、誰の元に行ったのだろう?なんて考えたりもします。カミーユがこの状態だったらファに行くのだろうけど。

 等々、愛すべきツッコミポイントは多々あるものの、ファーストガンダムはやっぱり楽しいなぁ。また再放送があったら観たいです。

 同じ枠で来週からは「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」が始まります。数年前に観ましたがまた観ます。