なんてことのない日々

つれづれなるままに、思ったことを書きましょうかね。

【映画】「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」鑑賞

 正月休み中に観ておこうと、土曜日の夕方観に行ってきました。
 前作の評価が分かれ、監督が再びJ.J.エイブラムスに戻ったのですか。はぁ。
 7~9のことを「シークウェル・トリロジー」というのですか。はぁ。それはいいですが、最終作としてどういう風にまとめるかに興味があるんであります!

 パルパティーンが生きているという噂を聞きつけて探るカイロ・レン。そこには「ファースト・オーダー」を上回る「ファイナル・オーダー」が…って、「スター・ウォーズ」=パルパティーンの物語じゃないですか(笑)

 とはいえ、予告で観た黒いレイ、戦闘機(タイ・ウィスパー)に追われて走るレイがそれぞれどういうシチュエーションなのかよくわかりました。もやもやしていたレイの正体(!)も。

 前作「最後のジェダイ」を上回る多勢に無勢感はどうなんだろう?「ロード・オブ・ザ・リング」でも感じてしまうけれど彼我の差があり過ぎて…

 フォースによる修復(治療)シーンはすごいですね。歴代ジェダイを上回っていますよ。トルーパーたちを操るのも久しぶりに見ました。レイのフォースの強さ半端ねぇ。あんなにフォースがすごかったら、第2デス・スターの残骸よじ登らんでも…

 「最後のジェダイ」のルークさん以降、実体がないところでの切り合いが多くなって、これならどこでもなんでもありな気がします。

 レイが終始言いかけてたこと、「最後のジェダイ」の最後の方に出ていたジェダイの卵たちの伏線は未回収でしたね。
 そして、黄色い光を放つライトセーバー。誰のだったんだろう。ライトセーバーといえば、レイア姫用があったのですね。

 「4」の後に作って、面白い上に巧くまとめた感のあった「3」に比べるとある程度自由な「9」、「結局パルパティーンなんかい」も含めて微妙ですね。シークウェル・トリロジーでは7>8>9、いや、7>9>8?
 レイア姫使い倒し、ハン・ソロ、ルークに救われた感あり。ランド・カルリジアンまで出してさ。
 ジェダイたちの声、ヨーダやオビ・ワンだけでなく、グワイ・ガン・ジン先生、メイス・ウィドウ、アナキンまで!いてちょっと感動。こうみると、ライト・サイドの戦士って少ないね。
 声といえば、D-0の声、地味にJ.J.エイブラムスが吹き込んでいたようですね(すべてエンドロールから)。

 21時前に終わる回だったからでしょうか、正月休み中のデカイ館内、観客は1/3くらいでした。大丈夫かな。

 ちなみに拙者は主演のデイジー・リドリーがちょくちょく宮崎あおいさんに見えるおじさんです。余談ですが。7.5/10(甘め)